ピッチング 速い球 投げる

今よりも速い球を投げるには?

詳細はこちら

ピッチャーにとって速球は、一つの憧れとも言えるでしょう。少しでも速い球を投げるには、踏み込む力、腕を振り上げる力、そして、投げる力が必要です。

 

球速はボールが手から離れた瞬間の初速がどれだけ出るかで決まってきます。腕を振り上げるには、強い背筋力が必要になります。

 

力強く踏み込むには、大きく足を上げ、それでも軸足がぶれないふんばりが出来なければなりませんから、強い足腰が必要不可欠です。

 

それに、最終的に投げる動作では、腕の筋力も必要ですよね。ピッチングとは、全身運動のバランスによって成り立っています。

 

ですから、基礎体力訓練と筋力トレーニングはピッチャーには欠かせません。

 

さらに、ピッチングフォームも大変重要です。プロ野球選手の中には独自のピッチングフォームを編みだした選手も数多くいますが、初心者がそれらを真似しても上手く行くものではありません。

 

まずは、基本フォームをしっかり身につけましょう。もちろん、練習を重ねればどんな投法でもコントロールと速度を身につけることは出来ますが、投球フォームによって必要な筋肉や体格にも違いがありますから、とりあえずはオーバースローで練習することをお勧めします。

 

特に、お子さんの場合は無理な投球フォームで練習すると、筋肉や肩を痛める心配があります。憧れの選手などはいるでしょうが、基本をマスターすることが最優先です。正しいピッチングフォームを身につけながら、基礎体力と筋力作りに励んでください。

 

 

 

右利きより左利きの方が打たれにくい?

野球に限らず、あらゆるスポーツで左利きは有利と言われていますが、中でも特に左利きのピッチャーはサウスポーと呼ばれる貴重な存在です。でも、本当にサウスポーは有利なのでしょうか?

 

まず、サウスポーのピッチャーが有利な点の一つは、盗塁防止にあります。盗塁とは、ピッチャーがボールを投げた瞬間に塁を飛び出て進塁することですよね。

 

ごく稀にホームスチールが成功する場面に出くわすこともありますが、一般的な盗塁とは、1塁から2塁へ、2塁から3塁への進塁のことで、3塁からホームへ盗塁を行うことはまずありません。なぜなら、ピッチャーが投げたボールより早くホームに到達するのは不可能だからです。

 

ですから、通常は1塁ランナーと2塁ランナーの盗塁にだけ気を配ればいいということになります。ピッチャーは盗塁を防ぐため、ランナーが出塁すると、セットポジションからの投球を行いますが、この時、右利きの投手は1塁側に背を向けて立つことになり、1塁ランナーの盗塁やリーチの幅に気が付きにくいのです。

 

ですが、サウスポーの場合だと、1塁は自分の正面になりますから、1塁選手は大きくリーチをとったり、ピッチャーの隙を突くことが出来ません。

 

また、バッターもほとんど右利きです。右利き投手が投げたボールは、右利きバッターが右から左へ振るバットに対して角度的には左から右へ入ってくるので、バットに当てやすいのです。

 

でも、サウスポーのボールは右から左へ入ってくるため、とても打ちにくいでしょう。


バッティングDVD ピッチングDVD 走塁・盗塁DVD 野球指導用DVD