シンカー チェンジアップ

シンカーとチェンジアップの投げ方

詳細はこちら

シンカーもチェンジアップも速度と回転を操る球種で、ピッチングでもよく利用される変化球です。シンカーとチェンジアップの投げ方を習得してピッチングに利用してみましょう。

 

シンカーは、ボールに回転を掛けて投げることが大切となります。シンカーはボールの縫い目に指がかかる様に意識して、回転を与えることの出来る様にボールを握って投げましょう。

 

投げる際には、人差し指と中指、中指と薬指で回転をかけ、リリースの時に人差し指に力を入れ、中指と薬指の間から抜くように投げるとよいでしょう。また、シンカーの投げ方を習得し、シンカーを活用する場合には、高速のシンカーを練習するとよいですよ。

 

チェンジアップは、基本的にストレートと同じフォームで投げ、ボールの速度を変化させることで、ボールを落下させる変化球です。打者との心の読みあいや探り合いのできる変化球ともいわれています。チェンジアップは投げる瞬間に抜く感じを掴むことで、回転を抑えて投げることができます。回転を抑えることで、自然に打者の前でボールが落下していくのです。

 

チェンジアップでは指先まで使ってしっかりとボールを握ってしまうと、ボールに回転がついてしまうことが考えられますので、指の根元だけがかかる様に握って投げると投げやすくなるといえるのではないでしょうか?

 

チェンジアップは打者に見破られると、打たれる確率が上がってしまいますから、投げる時にはストレートを投げるように足を上げて振りかぶることが大切です。

 

 

 

ピッチングフォームの種類

ピッチングには、基本的な四種類のフォームがあります。オーバースローは肩の上から下に向けて投げる投球フォームで、一番速度が乗せやすく、変化球の場合も高い威力を発揮しやすい投球フォームでしょう。

 

オーバースローよりやや下がった位置、肩の高さとオーバースローの中間点くらいで投げるフォームをスリークォーターといいます。この投球フォームも比較的高い位置からボールを投げますから、速度が乗せやすいピッチングフォームです。

 

また、初心者でもコントロールを付けやすいピッチングフォームだと言われていますから、コントロールがなかなか身につけられない場合には挑戦してみるとよいでしょう。スリークォーターも変化球の威力が増すピッチングフォームの一つです。

 

腕を肩の高さと水平に振りながら投げるフォームをサイドスローといいます。オーバースローでは上から下へ投げるのに対して、サイドスローでは横方向の回転がかかりますから、変化球を投げる際にオーバースローとは違う回転の変化をつけることが可能になります。

 

しかし、速度をあげるのにはあまり向いていないピッチングフォームと言えますね。肩より下の位置から振り上げるようにして投げるのがアンダースローです。アンダースローは速球を投げるのにはあまり向いていません。

 

下から上へと重力に逆らった投球ですから、どうしてもスピードが出しにくいのです。とはいっても、プロともなればかなりのスピードを出すことが出来ますが、その為には強靭な筋力が必要になります。


バッティングDVD ピッチングDVD 走塁・盗塁DVD 野球指導用DVD