ピッチング フォーク ジャイロボール

フォークとジャイロボールの投げ方

詳細はこちら

ピッチングでは、フォークとジャイロボールという投げ方があります。フォークはよく耳にすることのある投げ方で、人間の眼が縦変化に弱いという特徴を上手く利用した投げ方となっています。

 

基本的にフォークを投げると、真っすぐボールが飛び、急にボールが落下するため、打者にとってはとらえにくいボールとなるのです。フォークはカーブなどとは違い、回転を抑えることで、より急激にボールを落下させることができるため、いかに回転を抑えるかがピッチングのポイントとなってきます。

 

フォークは人差し指と中指をしっかりと広げ、ボールの縫い目に指がかからない様に握り、指の間からボールを抜くような感覚で投げることが基本です。握り方、投げ方のコツをしっかりとつかむことで、回転を抑え、高低差を出すことができ、空振りを狙うことができますよ。

 

また、ジャイロボールは空気抵抗を利用した変化球です。ボールを握る位置を調節することで、空気抵抗を上手く利用し、伸びのある直球や低速球を投げることのできるのがジャイロボールです。ジャイロボールでは人差し指と中指をボールの縫い目に合わせる握り方で、伸びのある直球であるツーシームジャイロを投げることができます。

 

それに、縫い目に非対称に握ることで、低速で弓なりに落下するフォーシームジャイロを投げることができますよ。ジャイロボールはボールの回転の特徴を理解して、練習をすると良いのではないでしょうか?

 

 

 

カーブとシュートの投げ方

カーブとシュートは共に変化球の仲間ですが、投げ方はそれぞれ違うようです。カーブの投げ方は、一定の回転がかかる様にボールの右半分を重点的に握ります。カーブはとても習得しやすい投げ方で、この投げ方をすると、基本的にボールの速度は遅いものの、重力の影響を受け、ボールは斜め下方向に落ちていくでしょう。

 

しかし、習得しやすい投げ方ゆえに、適当に曲るカーブのボールは打たれやすいという欠点もあります。そこで、カーブでは、速度を上げてストレートに見せかけながらもボールが曲がるというように、早い速度で微妙に曲るボールの投げ方を身につけると良いでしょう。

 

また逆に、速度が遅くてよく曲る変化の大きいボールの投げ方を身につけるのも良いのではないでしょうか?ボールをうまくコントロールしてカーブを投げることができるようになると、強力な切り札として使うことができますよ。

 

変化球には他にもシュートがあります。シュートは基本的に、上投げ選手が投げやすいという特徴を持つ投げ方で、投手の利き腕方向に曲がるボールです。シュートは空振りをさせるのは難しいものの、当たってもゴロや凡打になる確率が高く、いろいろな場面で活用できます。

 

シュートはカーブとは違い、ボールにカーブとは反対方向の回転を掛けなくてはいけません。そのため、体への負担は大きいと言えますが、上手く習得し、使いこなすことにより、ピッチングの幅も広がります。いかに体への負担を少なくシュートを投げられるようになるかが、練習のポイントだと言えるでしょう。


バッティングDVD ピッチングDVD 走塁・盗塁DVD 野球指導用DVD