ピッチング

大きい変化と小さい変化のカーブの投げ方について

詳細はこちら

カーブは最も覚えやすいといわれている変化球ですが、その分、よく使われる変化球でもあるので、打たれやすいという欠点もあります。

 

カーブの基本的な投げ方としては、ボールの右半分を中心にして握り、リリースの際に、ボールの縫い目にかけた指で捻るようにします。

 

腕を振る速度を遅くして、回転させる方向に手首をひねるとより変化させることができるでしょう。

 

ただし、あまり手首をひねりすぎると、手首に負担がかかり、故障の原因にもなります。

 

また、ボールの速度が遅いほど、大きい変化のカーブになり、球速を上げると小さい変化のカーブになるといわれています。どちらかに特化することで、バッターにとっては打ちにくいカーブにすることができるでしょう。

 

両方、もしくは、いくつかの種類のカーブを使い分けられると、よりバッターを打ちとりやすくなるはずです。カーブは覚えるのは簡単でも、実戦で使えるようにするのが難しい変化球だといわれています。

 

ストレートと変わらないくらいの速度、または、大きく変化させてもストライクゾーンに入れられるコントロールを習得しなければ、バッターにとっての絶好球になってしまうのです。

 

なるべく手首や肘などに負担をかけないようにしつつ、使えるカーブを習得しましょう。そのためには、チームメイトにバッターボックスに立ってもらったり、キャッチャーに受けてもらうことも必要になります。

 

一般的には、小さい変化のカーブは凡打を取るため、大きい変化のカーブは空振りにするためと、同じカーブでも投げる目的が変わってきます。


バッティングDVD ピッチングDVD 走塁・盗塁DVD 野球指導用DVD