ピッチング

ナックルとジャイロボールの投げ方について

詳細はこちら

投げた本人ですら、どんな風になるかわからない変化をみせるナックルボールは、現代の魔球とも呼ばれるくらい、強力な武器となる変化球です。

 

ただ、その分、投げ方をマスターするのが難しく、さらに、キャッチャーが捕球するのが難しい変化球でもあります。

 

ナックルボールは、ボールの回転数をほとんどなくすことで、ボールの縫い目にかかる空気抵抗で変化させます。

 

ストレートに逆回転をかける必要がありますから、かなり強い指の力と握力が必要不可欠です。

 

投手によってもナックルボールの投げ方は異なりますが、人指し指、中指、薬指を曲げた第一関節をボールの中央部にあてて、親指と小指で挟むように持つことが多いでしょう。

 

折り曲げる指を二本にすると、変化が小さく球速が早くなるといわれています。三本指で投げると、無回転にしやすく変化が大きくなりますが、コントロールが難しいでしょう。
手首を使わず、曲げた指を伸ばして押し出す、もしくは、指で弾くようにしてリリースします。リリースポイントを一定にすること、ボールに回転を与えないことが重要です。

 

 

松坂投手の持ち球として有名なジャイロボールは、意識して投げることが難しいといわれています。

 

それに、ジャイロボールを投げるためには、フォームそのものを変えなくてはいけないので、習得の難易度はかなり高いでしょう。握り方によって、ツーシームジャイロとフォーシームジャイロに分けられ、ボールの変化の仕方にも違いがあります。

 

ジャイロボールを投げるのに最も適しているのは、ダブルスピン投法です。でも、リリースの際にジャイロ回転をかけられるなら、ダブルスピン投法以外でも投げられます。


バッティングDVD ピッチングDVD 走塁・盗塁DVD 野球指導用DVD