ピッチング

スライダーとカットボールの投げ方について

詳細はこちら

バッターを打ち取るために、ぜひ覚えておきたい変化球の一つがスライダーです。

 

カーブと併せて使うと、より効果的でしょう。スライダーにも色々と種類があり、縦スライダー、高速スライダー、スロースライダー、パワースライダーなどがあります。

 

普通のスライダーであれば、習得はそれほど難しくないといわれており、使っている投手も多いです。

 

スライダーはボールの握り方によって、ツーシームスライダー、スリーシームスライダー、フォーシームスライダーとも呼ばれていて、それぞれ球速や曲がり具合などが違ってきます。

 

例えば、ツーシームスライダーの場合には、ボールの縫い目に中指と親指をかけて、ストレートと同じように腕を振って、空手チョップのイメージで切るようにリリースします。親指を曲げずに、中指でボールに横回転をかけるというのが、スライダーのポイントでしょう。

 

そのためにも、中指をボールの縫い目にしっかりとかけておく必要があります。スライダーは、握りを少し変えたり、リリース時の手首の角度を変えるだけでも、球筋に変化をつけられるので、使い方次第では強力な武器になるはずです。

 

 

分類上、スライダーの一種として考えられることも多いカットボールは、ストレートにみせかけて軌道を少しずらし、凡打にして打たせて取る変化球です。

 

ストレートの握り方で、人指し指をちょっとだけ中指側にずらして、斜めにボールを切るようにしてリリースします。カットボールは、必要以上に変化させず、できるだけ球速を上げるというのが重要です。球速が遅いと、ただの打ちやすい球になってしまうでしょう。


バッティングDVD ピッチングDVD 走塁・盗塁DVD 野球指導用DVD