ピッチング

速い球を投げるための正しいフォームとは?

詳細はこちら

正しい投球フォームが出来ていなくては、いくらトレーニングをしても球速は上がりません。

 

逆に、正しいフォームを身に付けるだけでも、球速をアップさせる事は可能となります。

 

それでは、速い球を投げるための基本フォームとは、一体どのようなフォームを指すのでしょうか?

 

まず、覚えておいて欲しいのが、投球フォームは人それぞれで異なると言う点です。

 

いくら正しいと言われているフォームを参考にしてピッチングを行っても、それが自分の体型や筋力のレベルに合っていないフォームの場合には、余計な負担が身体に掛かってしまい、故障の原因にもなってしまいます。

 

まずは、現在の自分の投球フォームを知るところから始めてください。そうした上で、基本的なフォームとしては、肩と肘と手首の全てが均等に使えるように、肘を肩の高さまで上げ、肘を直角に曲げて投げます。

 

肘が下がっていると、腕が前に出てこないので、全身の力が球に伝わり難くなってしまいます。また、この際、腕をムチのようにしならせて投げる事がポイントです。

 

腕をしならせる程、威力のあるボールを投げる事が出来るので、その為にも肩と肘のストレッチは欠かさず行い、肘を柔らかく使えるようにしておきましょう。また、リリースポイントを一定にする事も大切です。

 

一定にする事でコントロールが安定し、自信をもって腕を振る事が出来るようになります。それに、腕の回転が早い程、球速もアップしますし、球にキレも出てきます。何度でも鏡の前で繰り返し練習してみてください。


バッティングDVD ピッチングDVD 走塁・盗塁DVD 野球指導用DVD