ピッチング

ピッチング記事一覧

球速をアップさせるための筋肉はどこですか?

球速をアップさせる為には、筋力を上げる事が大切なのは御存知ですよね。ただ、むやみに筋力を上げようと筋肉トレーニングを行って、筋肉隆々になってしまっては、球速アップどころか速球を投げる邪魔になってしまう可能性もあります。球速をアップさせる為には、バランスのとれたバネのような筋肉を付ける事を目標としなく...

≫続きを読む

球速をアップさせるための投球フォームは?

球速をアップさせようと思った際に、単純に筋力を上げれば球の速度も上がると思ってはいませんか?確かに、筋力をアップさせる事も球速アップの為には重要ですが、その他にも大切な事があるのです。それは、リリースを行う際、いかに球に力を伝えられるかと言う事です。ここが球速アップには重要なポイントとなってくる訳で...

≫続きを読む

球速をアップさせるためのトレーニングとは?

野球のピッチャーであれば、速球を投げてみたいと願う気持ちはきっと誰にでもありますよね。けれど、実際に速球を投げているピッチャーには天性の才能があって、自分にはとても無理だと諦めてしまっている方はいませんか?速球は、特別な人だから投げられる訳ではありません。140キロ台のスピードであれば、トレーニング...

≫続きを読む

球速アップは肩や肘を壊しやすいのですか?

剛速球を投げる事で知られている投手の言葉で、「速い球を投げようと思えばいくらでも投げられるけれど、その後の肩や肘への負担を考えると思い切り投げる事が出来ない」と言うような内容があります。この事からも判るように、球速をアップさせようと球を思いっきり投げると、それだけ身体への負担も大きくなります。身体に...

≫続きを読む

速い球を投げるための正しいフォームとは?

正しい投球フォームが出来ていなくては、いくらトレーニングをしても球速は上がりません。逆に、正しいフォームを身に付けるだけでも、球速をアップさせる事は可能となります。それでは、速い球を投げるための基本フォームとは、一体どのようなフォームを指すのでしょうか?まず、覚えておいて欲しいのが、投球フォームは人...

≫続きを読む

速い球を投げるためのメンタルトレーニングとは?

昔の野球と言えば、努力と根性で栄光を掴むと言ったイメージのスポーツだったと思いますが、現在の野球ではもはやメンタルトレーニングは常識となっています。もちろん、速い球を投げる為にも、メンタルトレーニングは欠かす事が出来ません。身体を鍛えただけでは、やっただけしか効果は表れませんが、そこにメンタル面が加...

≫続きを読む

シンカーとシュートの投げ方について

利き腕の方向に沈み、シュートよりも球速が遅いというのが、シンカーの特徴です。上から投げ込むタイプのピッチャーにはあまり向きませんが、サイドスローやアンダースロータイプのピッチャーであれば、覚えておいて損はないでしょう。シンカーは握り方よりも投げ方がポイントなので、握り方は自分の握りやすいやり方でかま...

≫続きを読む

スライダーとカットボールの投げ方について

バッターを打ち取るために、ぜひ覚えておきたい変化球の一つがスライダーです。カーブと併せて使うと、より効果的でしょう。スライダーにも色々と種類があり、縦スライダー、高速スライダー、スロースライダー、パワースライダーなどがあります。普通のスライダーであれば、習得はそれほど難しくないといわれており、使って...

≫続きを読む

チェンジアップと2シームの投げ方について

チェンジアップは、打者の手元で減速して沈み、タイミングを外させる変化球です。握り方は人それぞれですが、ボールの回転を抑える必要があるので、指先をボールにかけないようにします。何よりも重要なのが、ストレートと同じフォームで投げるということ。チェンジアップは、ストレートだと思わせることでタイミングをずら...

≫続きを読む

ナックルとジャイロボールの投げ方について

投げた本人ですら、どんな風になるかわからない変化をみせるナックルボールは、現代の魔球とも呼ばれるくらい、強力な武器となる変化球です。ただ、その分、投げ方をマスターするのが難しく、さらに、キャッチャーが捕球するのが難しい変化球でもあります。ナックルボールは、ボールの回転数をほとんどなくすことで、ボール...

≫続きを読む

フォークとSFFの投げ方について

打者の手前ですとんと落ちるフォークを投げられると、ここぞという時に打者を三振に打ち取ることができますね。ただ、フォークは誰でも練習次第で投げられるという変化球ではなく、いくつか投げるための条件があります。まず、何よりも握力が強いこと。握力が強いほど、いいフォークが投げられます。次に、指が長いことです...

≫続きを読む

大きい変化と小さい変化のカーブの投げ方について

カーブは最も覚えやすいといわれている変化球ですが、その分、よく使われる変化球でもあるので、打たれやすいという欠点もあります。カーブの基本的な投げ方としては、ボールの右半分を中心にして握り、リリースの際に、ボールの縫い目にかけた指で捻るようにします。腕を振る速度を遅くして、回転させる方向に手首をひねる...

≫続きを読む


バッティングDVD ピッチングDVD 走塁・盗塁DVD 野球指導用DVD