バッティング

バッティングを効果的に練習するためには?

詳細はこちら

バッティングを効果的に練習するためには、とにかく毎日練習することが大切ですね。

 

感覚を忘れてしまわないように、たとえ短時間しかできなくても、バットを握って振ることが重要なのです。

 

できれば、毎日時間を決めて、何があっても練習するというのが理想でしょう。

 

バッティングの練習方法としては、素振り、ティーバッティング、フリーバッティングなどがあります。

 

この中で、最も効果的な練習方法は、なんといってもフリーバッティングでしょう。投手が投げた球を打つというのが、一番バッティングの練習になります。ただ、そういう機会を継続して得るというのはなかなか難しいですよね。

 

特に、野球チームでの練習の場合には、一人あたりが打てる数が決まっていたりするものです。投手と一緒に毎日個人練習できるという人は、非常に希で恵まれているといえるでしょう。

 

そんな機会が得られない人は、バッティングセンターを利用してください。イチロー選手が子供の頃に毎日バッティングセンターに通っていたことは、とても有名ですよね。

 

バッティングセンターでのバッティング練習も、やり方次第ではバッティングの上達に役立ちます。何も考えないでひたすら打つというのは、お金と時間の無駄遣いです。その日ごとにテーマを決めて、色々なコースの球を打てるようにしましょう。

 

立つ位置を変えたり、あえてファールの練習をしたり、打球を飛ばす方向を決めて打ち分けたりと、できることはたくさんあります。


バッティングDVD ピッチングDVD 走塁・盗塁DVD 野球指導用DVD