バッティング

バッティングのタイミングの取り方の種類

詳細はこちら

バッティングのタイミングの取り方は、バッティングで最も重要だといわれることも多いですね。

 

タイミングの取り方次第では、今まで全く打てなかったのに、急に打てるようになったりもします。

 

ただ、バッティングのタイミングの取り方というのは、本当に人それぞれ違います。

 

例えば、イチロー選手は足でタイミングを取ることで有名ですね。他にも、バッターによって、腕や手首、バットなど、色々なタイミングの取り方があります。腕と足でタイミングを取ったり、ピッチャーによってタイミングの取り方を変えるというバッターもいるのです。

 

なので、まずは、どんな方法でタイミングを取るのが、一番自分にとって打ちやすいのか模索してみてください。軸足の反対の足を動かすというのが、よく使われているタイミングの取り方ですが、必ずしもこれがあなたにも合うとは限りません。

 

バッティングの流れとしては、打席に立って構えて、ピッチャーが投球動作を始めたら、ためてスイングします。どのタイミングで、ためなくてはいけないかは、スイングスピードにもよりますし、ピッチャーの球速にもよるでしょう。

 

自分の打順がくる前に、予め、脳内でシミュレーションしておくことも大切です。自分にとって最も良いタイミングの取り方をみつけることが、安定した打率に繋がっていくはずです。そして、できれば、複数のタイミングの取り方を身につけて、ピッチャーによって使い分けるようにしたいものです。


バッティングDVD ピッチングDVD 走塁・盗塁DVD 野球指導用DVD