バッティング

バッティングに必要な筋肉について

詳細はこちら

バッティングで必要な筋肉って、どこの筋肉なのでしょうか?

 

身も蓋もないことをいうなら、全身の筋肉が必要です。

 

バッティングをするためには、全身の力を連動させて打つ必要がありますから、ここの筋肉だけを鍛えればいいということにはならないのです。

 

ただ、その中でも、より強化しておいた方がいい筋肉はありますね。

 

まずは、腕の筋肉です。腕の筋肉はバットを振っていればある程度は鍛えられるものですが、さらに、腕立て伏せやバーベルを使った筋トレなどで鍛えましょう。腕だけでなく、手首の筋肉や握力の強化も欠かさずに行ってください。

 

また、腹筋と背筋、腰周りの筋肉を鍛えることで、長打力へと繋がるでしょう。腹筋と背筋はバランスよく鍛えることも、とても大切です。筋肉を鍛えるためには、プロテインなども上手に取り入れるといいですね。

 

それに、チューブやダンベルなどの道具を使うのも、効率的に鍛えるためには便利です。筋トレを行う際には、正しいフォーム、適切なやり方というものにこだわってください。

 

自己流、なんとなくで行ってしまうと、かえって体に負担をかけ、故障の原因になってしまうこともあります。今、行っている筋トレがどこの筋肉を強化しているものなのか、このフォームで正しいのか、常に意識しながら行う必要があるのです。

 

できれば、専門的なトレーナーに正しい筋トレのやり方を教わり、フォームをチェックしてもらうというのが理想です。


バッティングDVD ピッチングDVD 走塁・盗塁DVD 野球指導用DVD