バッティング

ティーバッティングのコツについて

バッティング練習の方法の一つに、ティーバッティングがありますね。

 

ただ、ティーバッティングはやり方を間違えると、逆効果になるともいわれています。

 

それでは、ティーバッティングのコツをいくつか紹介しましょう。

 

まず、一つ目のコツです。誰かにトスをあげてもらう場合には、トスを上げる位置を変えてもらってください。一般的な斜めからのトスだけだと、ともすれば引っ張って打つ練習にもなりかねません。

 

斜めだけでなく、正面、後ろ、真横など、色々な角度でトスを投げてもらいましょう。安全性を考えるなら、カラーボールやライトフライトボールなどの柔らかくて軽いボールを使いたいものですね。

 

また、一人でバッティング練習をするのに便利なトスマシンや組み立て式のスクリーンネットなども売られています。それに、トスを投げてもらう時には、打ちやすい球ばかりを投げてもらわないということも大切でしょう。

 

低め、高め、ストライクゾーンギリギリと、あちこちに投げてもらうことで、ミートポイントを掴む練習になります。

 

二つ目のコツとしては、一般的な方法にこだわらないことです。例えば、細い棒を使って片手で打つ方法やバドミントンのシャトルを使うティーバッティングの方法もあります。

 

スタンドティーを使った置きティーバッティングも、フォームやスイングを確認したり、球を打つ感覚を掴むのに有効でしょう。ただ、いずれにしても、やみくもにただ打つのではなく、練習の目的や注意点などをしっかりと意識して行うことが大切になります。


バッティングDVD ピッチングDVD 走塁・盗塁DVD 野球指導用DVD