バッティング

バッティングの構え方のポイントについて

詳細はこちら

バッティングの構えは、重要なポイントの一つです。

 

ただバットを持って構えれば良いというものではなく、スイングからインパクトの瞬間にボールの芯を捉えやすいような構えをしなければなりません。

 

基本的には、バットを立てて構えます。

 

プロの選手の中には、寝かした状態で構える選手もいますが、一般的には寝かせた構えはヘッドが下がりやすく、ジャストミートが難しくなります。

 

スタンスは肩幅より少し広めにとり、バットが寝ないように、素早くバットが振れるように気をつけてください。プロ野球選手が、構えたバットを回したり、軽く膝の屈伸をしたりすることでも分かるように、出来るだけ体全体をリラックスさせた状態で構えるのがポイントです。

 

バッティングの本番では、緊張が最高潮に達しますが、出来るだけリラックスできるよう練習の時から心がけましょう。スタンスには、スクエアスタンス・オープンスタンス・クローズドスタンスとありますが、まずは自分の得意なスタンスで練習します。

 

グリップの握り位置やスタンスのとり方・構える姿勢などは、実際にはピッチャーの状況などに合わせてプロは使い分けたりするものです。でも、初心者の間は、まず「基本を身につける」ことだけを優先させた方がいいですね。

 

色々な構えやスタンスを全て覚えようとすると、かえってメチャクチャなフォームになってしまいます。まずは、自分に合ったスタンスを見つけ、ひたすらそのスタンスでの構えと素振りを練習して身につけましょう。


バッティングDVD ピッチングDVD 走塁・盗塁DVD 野球指導用DVD