バッティング

バッティングのタイミングの取り方について

バッティングで一番難しいのは、やはりバットにボールを当てることと、当てたボールを思ったように飛ばすということではないでしょうか?

 

最近では、少年野球でも変化球が見られますよね。

 

それに、豪速球投手の球などは、ボールが投げられてから自分のところに届くまでに1秒もないのですから、そのボールにバットを当てるというのは簡単なことではありません。

 

では、どのようにタイミングを計れば良いのでしょうか?

 

バッティング練習の場合には、基本的には打ちやすい球が飛んできますので、まずは打ちやすい球でタイミングを取る練習をします。

 

ピッチャーやマシンの構えや動きから、ボールが投げられるまでのタイミングと、投げられてから手元に届くまでのタイミングを計り、それに合わせて自分のスイングをするわけです。

 

その時に、ピッチャー(またはマシン)が、どの動きの時に足を上げて体の重心を動かすか?どの動きの時にテイクバックするかを身体で覚えていくのです。

 

バッティング練習では、比較的そのタイミングが計りやすいはずですから、時々ボールのスピードを変えてもらったりして、タイミングを合わせる練習をするとよいでしょう。

 

本番の時には、そんな練習はありませんし、自分に都合の良いように投げてくれるはずもありません。

 

ですから、本番の時には直接相手ピッチャーのボールスピードを自分で確認しながら、次にどんなボールを投げてくるかを予測して、タイミングを取ることになります。


バッティングDVD ピッチングDVD 走塁・盗塁DVD 野球指導用DVD