バッティング

バッティングでのスイングのコツは?

打球がどの程度伸びるかは、スイングにかかっているといっても過言ではありません。

 

バットをボールに当てるまでのスイングはもちろん、インパクトからのフォースルーも大変重要です。

 

バッティングでのスイングのコツは、上半身だけで打たないことです。

 

おそらく何らかの形で習ったことがある人ならば、必ず言われていることと思います。

 

全身を使って打てと。スイングはテイクバックしたトップ位置から開始します。トップの位置からは、腰→肩→腰→バッドの順で動くようにスイングします。

 

上げた足を下ろすと同時に、まずは腰を回転させてスピードを増し、その腰の動きについていくように肩を使って、バットをトップの位置からスイングするのです。さらに、腰を回転させてスイングにスピードと力を乗せ、バットがついてくるという感じになります。

 

インパクトの瞬間までボールからは目を離さず、ボールに当てた瞬間から両足の太ももに力を入れて利き足で地面を蹴り、そのまま腕を振り切って打球に最後のスピードを与えます。

 

インパクトの瞬間に手首を返さないのがコツの一つで、手首を使うのではなく、肩と腕を使って振り切るようにします。手首を使ってしまうと、その分、ボールに与えられる力が弱まってしまうので、打球の伸びやスピードが落ちてしまうでしょう。

 

フォースルーのスタイルがかっこよくて憧れるという人も多いと思いますが、キレイなフォースルーを決めるには、全身を使ったスイングがあってこそなのです。


バッティングDVD ピッチングDVD 走塁・盗塁DVD 野球指導用DVD