バッティング

バッターボックスでの立ち方について

詳細はこちら

プロ野球や大リーグの選手のバッターボックスでの立ち方を見ていると、みんなそれぞれ、ずいぶん個性的だなと思うのではないでしょうか?

 

バッターボックスでの構え、スタンスには、いくつかの種類があります。

 

まず、どんなボールでも比較的対応しやすいスクエアスタンス。

 

内角のボールが打ちやすく、流し打ちに向いているオープンスタンス。外角のボールや低めのボールを長打に持っていきやすいクローズドスタンス。スタンスだけでも、この3種類があります。

 

さらに、上半身の構えに関しても、状況に応じて色々使い分けられています。どのコースにも対応しやすいように、まっすぐ立つ。低めの外角を狙った屈み込む姿勢。低めの球に強いバットを立てた基本姿勢。

 

高めのボールを狙いやすいバットを寝かせた構えなどです。プロ野球選手は、自分独自の一番打ちやすいスタンスや構えを習得しているだけでなく、このようにピッチャーの得意な球筋や状況によって使い分けていることも多々あります。

 

それでは、初心者の場合はどうすればよいでしょう。初心者はできるだけ、「どんなボールでも対応しやすいスタンスや構え」が良いですね。つまり、バットは出来るだけ立てて構え、姿勢はややお尻を突き出した感じでまっすぐに立つのです。

 

そして、どんなボールにでも比較的対応しやすいスクエアスタンスを選びます。スクエアスタンスは、両足のつま先がバッターボックスのラインに平行になるように立ち、足を肩幅より少し広めに開きます。


バッティングDVD ピッチングDVD 走塁・盗塁DVD 野球指導用DVD