ゴロ・フライを狙って打つ方法

ゴロを狙って打つ方法

詳細はこちら

ゴロを狙って打つには、強引に打たないようにし、打ちやすいボールを待って打つようにすると良いでしょう。

 

ゴロを打つ時は、低くきたボールを狙うのがポイントです。

 

腰より低いボールを上から叩くようにし、ボールの上側にバットを当てるように打つ事で、打ち上げてフライにしまう事なく正確にゴロを打てるようになるでしょう。

 

ゴロを打ちたい時には、右手をかぶせてバットを水平に振るように意識すると良いですよ。

 

また、右方向へゴロを打ちたい時には、バットの先を手より先に出さないように、しっかりと引き付けてから手首を返さないで打つようにしましょう。

 

どの方向にゴロを打つ時でも、顎を上げないように気をつけてバッティングをしなくてはいけません。

 

グリップを絞るように持ち、脇をしっかりとしめる事を意識すると良いでしょう。

 

ゴロが必要になる時は、ランナーを進めるという目的があるものです。

 

その為、ゴロを打つ時は打ち出す方向も重要になってきます。

 

2塁にランナーがいる時には、セカンドとファーストの守備範囲に転がすと、捕球されても3塁が遠くなりますから、アウトになる確率が低くなってランナーを進塁させる事ができますよね。

 

このように、ゴロは塁に出ているランナーの位置を見て、ベストのポイントに打ち出すテクニックも必要となります。

 

ゴロを打つ時のポイントを覚えて、必要な時に正確に狙った場所に打てるように練習してくださいね。

 

 

 

フライを狙って打つ方法

バッティングの練習をする時には、フライを狙って打つ練習も実施すると良いでしょう。

 

試合の状況によっては、フライが必要になる事もあります。

 

フライを狙って打つポイントをおさえて練習を行い、バッティングを上達させましょう。

 

まず、フライを狙う時は、スピードの遅い高めのボールを選んで打つようにします。

 

そして、打つ時は力まず、しっかりとボールを引き付け、右バッターならばライト方向に、左バッターならばレフト方向に、狙って打つようにしましょう。

 

打つ時にグリップや体に力が入ってしまうと、狙った方向は良くても体重移動をスムーズに実施する事ができず、ボールを遠くへ飛ばす事ができません。

 

打つ時に力みすぎない事で、膝を柔らかくする事ができます。

 

その結果、体重をスムーズに移動させる事ができ、ボールを打つ時のパワーへとつながります。

 

また、体重を両足の親指の付け根に均等にかける事で後ろ足をうまく回転させる事ができる為、力強くボールを打つ事が可能になります。

 

これらの体重移動を意識しつつ、バットで下から上にすくい上げるようにボールを打つ事で、フライをしっかりと打つ事が可能になるでしょう。

 

フライはタイミング良く力まず打つと、フライのつもりがホームランになるという嬉しい誤算も期待できます。

 

ピッチャーの投げるボールをしっかりと見極め、ポイントをおさえてスイングしてみましょう。


バッティングDVD ピッチングDVD 走塁・盗塁DVD 野球指導用DVD