アウトコース打ち方

アウトコースの打ち方

詳細はこちら

アウトコースの打ち方のポイントを覚えて、バッティングを上達させましょう。

 

アウトコースを打つ時は、後ろ足の粘りが重要といわれています。

 

アウトコースを意識しすぎて体を前に突っ込んでしまうと、ボールがバットの先っぽに当たってしまい、遠くへ飛びません。

 

後ろ足のかかとが早く上がり、バットが早く振れすぎてしまわないように後ろ足を粘り、しっかり踏み込んで打つ事がアウトコースを上手く打つポイントといえるでしょう。

 

また、アウトコースのボールはバットとボールとの距離が遠いものです。

 

その為、ボールが見やすく、力も伝えやすいので、アウトコースの時はボールをよく見て、十分手元までボールを呼び込んでからしっかりとスイングすると良いですね。

 

スイングのときには、脇を開けるとヘッドが下がってしまうので、脇をしめてグリップを高くし、ヘッドを立てて打つようにすると良いでしょう。

 

アウトコースを飛ばす為には、最後の手の押し込みも重要となります。

 

ボールを手元まで引き寄せ、バットを投げるようにしっかりとスイングをし、最後に右バッターなら右手を、左バッターなら左手を押し込むようにして打ちましょう。

 

アウトコースの練習をする時には、バットに当てるだけになってしまわないように、しっかりと、踏み込み、振り、押し込む。この3つを意識して練習をしていくと、アウトコースの球をうまく打てるようになるはずです。

 

 

 

テイクバックのポイント

テイクバック時のポイントは、腰です。

 

バッティングのときにテイクバックがうまくいかないと、スイングの軌道もずれ、不安定になってしまいます。

 

バッティングの上達を望むならば、テイクバック時のポイントをおさえるとよいでしょう。

 

そもそもテイクバックとは、ピッチャーが振りかぶった時にバッターが腰と上体をひねり、背骨を軸に回転運動をしてタイミングを取る事を言います。

 

大きなポイントとしては、腰をしっかりと回すという点で、腰をしっかりと回す事でパワーを溜めこむのです。

 

右バッターの時は、左足を上げ、腰を右回りにしっかりとひねると良いでしょう。

 

この時に気をつけなくてはいけない事は、上半身を一緒にひねらない事です。

 

上半身をひねってしまうと、腰を回す事ができず、パワーを溜めこむ事ができないのです。

 

そして、テイクバック時には、右バッターならば右足の内側に力を入れて、しっかりと踏ん張る事で、体の軸をぶらす事なくバッティングをする事ができます。

 

テイクバックの練習をする時に、どうしても安定しない方もいるのではないでしょうか?

 

そんな時は、まず顔の位置を確認してみましょう。

 

体と一緒に顔も動いてしまっていませんか?

 

顔はピッチャーに向け、しっかりとボールをみると良いですよ。

 

また、大きい打球を打とうとバットを振りあげてしまうと、余分な動作となってしまい、存分にエネルギーを生み出す事ができません。

 

テイクバックの練習をする時はこれらに気をつけるとよいでしょう。


バッティングDVD ピッチングDVD 走塁・盗塁DVD 野球指導用DVD