自分に合ったバッティングスタイルを見つけるには?

自分のバッティングスタイルを見つける方法

詳細はこちら

自分のバッティングスタイルを見つける一番いい方法は、やはり実際に試合をしてみて実戦で経験を積むことが重要となります。

 

いくら鏡の前で正しいフォームを研究したり、ティーバッティングやフリーバッティングでタイミングやステップを練習してみても、本番の試合で結果が出せなければ、それはあなたに合ったバッティングスタイルとは言えないでしょう。

 

反対に、とても理想的なバッティングスタイルと思えなくても、もしそれで良い結果が出るのであれば、そのバッティングスタイルがあなたに合ったものだと言えるのです。

 

「バッティングというものは、常に変化している」とイチロー選手も言っているように、バッティングスタイルにこれが正解といった答えなどありません。

 

フォームやタイミングの取り方、ステップの踏み方など、その人によって個性も様々でしょう。けれど、その個性に応じたバッティングスタイルで良い結果が出ているのであれば、そのまま変える必要はありません。

 

ただ、何度もプレイしていくうちに、うまくヒットが出なくなったり、すぐにアウトになってしまったりするようになるかもしれません。そんな時には、まず自分のバッティングスタイルを振り返り、徐々に変えていきましょう。

 

再度、良い結果が出るようになったら、そのバッティングスタイルが新しい自分のバッティングスタイルとなるのです。

 

そうはいっても、極端に変える必要はありません。ちょっとした足の開きや肩の下がり具合など、それだけでも打率に変化が出てくるでしょう。

 

 

 

バットは長く持つほうがいいのか?短く持つほうがいいのか?

一般的には、バットを短く持つとバットコントロールが良くなり、確実にボールを当てることが出来ると言われています。

 

飛距離や打球スピードは望めないけれど、確実にボールをバットの芯に当てることが出来るからです。よく「バットを短く持つように」と指導されるのも、バッティングに確実性を求め、短い当たりでもいいから繋いでいき、得点に結びつける方が、よりチームの勝利に繋がるからなのでしょう。

 

逆に、バットを長く持つと遠心力が増し、ボールの飛距離も伸びると言う長所もありますが、やはりバットに当たる確実性には欠けてしまいます。こう書くと、バットは短く持って、確実にボールに当てに行った方がいいように思えるかもしれませんが、一概にそうとは言えません。

 

バットを短く持つ事でバットスピードが速くなると言われていますが、それはスイングのヘッドスピードではなく、スイングにかかる時間が短くなるだけです。

 

スイングスピードに関しては、バットの持ち方の長い短いではなく、あなたの筋力に依存していて、筋力が強ければスイングスピードが速くなるのです。

 

筋力が強いと重いバットも容易に操れますし、さらに、バットを長く持つことで打撃面積も増え、必然的に良い当たりになる確率も高くなります。

 

つまり、バットをあえて長く持つようにし、スイングを速くする筋肉を付けるようにするのも、バッティングを上達させる一つの方法なのです。


バッティングDVD ピッチングDVD 走塁・盗塁DVD 野球指導用DVD