バッターボックス立ち方

バッターボックスでの立ち方

詳細はこちら

バッターボックスでの立ち方についてですが、まず、バッターボックスに入ったら軸足の位置を決める事から始めます。

 

ストライクを上手に見極めるためには、キャッチャーの近くに立つよりは真ん中ぐらいに立つと良いと思いますので、ホームプレートの前のラインと平行になるように、軸足の位置を決めて立ちます。

 

バットを構えた時の体の方向、すなわち、スタンスには、スクエアスタンス、オープンスタンス、クローズドスタンスと色々ありますが、どれにしてもスタンスの幅は肩幅ぐらいを目安にするようにしてください。

 

バッターボックスでの立ち位置は、あなたの打ち方、構え方、バットの出し方によって決まりますので、一概には言えませんが、ステップした時にアウトコースを芯で捉えることが出来る位置がベストです。

 

バッターボックスは結構広めに取られているので、その時の打球や球種によってあなた自身で立ち位置を考えるようにします。

 

理想を言えば、あなたが得意、不得意としているコースを冷静に分析し、さらに、その時の相手ピッチャーの能力を判断して、その状況に応じたバッターボックスの立ち位置を自分で考えられるようにするのです。

 

いつもいつもバッターボックスの同じ位置から打つのでは芸がありません。バッターボックスに入ってからも、色々と工夫することはたくさんあるはずです。

 

試行錯誤し、実践から学んでいくことで、おのずとあなたのバッティングも上達していきます。

 

 

 

打つ時のスタンスとバットの位置・握り方

スタンスには、スクエアスタンス、オープンスタンス、クローズドスタンスと様々な組み合わせがあります。あなたの打ち方や構え方、さらに、バットの出し方によっても変わりますので、どれが一番良いスタンスだとは一概に言えませんが、このごろは、オープンスタンスで構える選手が増えてきているようです。

 

オープンスタンスの良い所は、インコースの厳しいボールに対処しやすいことやピッチャーに対して正対することによって両目でボールを見ることが出来るという点があげられます。

 

その一方で、クローズドスタンスはアウトコースの厳しいボールに対処しやすくなります。どちらにしても、その時の投手の投げ方によってスタンスを変えていくと良いでしょう。

 

バットの位置は、トップの時にバットの先が頭上にあると、ボールまで最短距離で力が伝わりやすくなります。頭の位置より前、投手よりに大きく倒れるとバットの出が悪くなる可能性があるので、注意が必要です。

 

バットの握り方には二種類あり、手の平でバットを包み込むようにすることで強くバットを握ることが出来るけれどもバットをコントロールしにくいパームグリップと、指の腹でバットを握るのでバットを強く握ることが出来ないけれどもバットのコントロールがしやすいフィンガーグリップがあります。

 

左手はパームで握り、右手はフィンガーで握るようにすると、バットを握る強さとバットコントロールの性能の両方を兼ね備えることが出来るでしょう。


バッティングDVD ピッチングDVD 走塁・盗塁DVD 野球指導用DVD